忍者ブログ


[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



2017/08/18 23:18 |
携帯電話の最新情報
携帯電話の最新情報


携帯電話はどんどん進化しています。


1949年にアメリカで自動車電話が出来て以降
その後、1985年にかばんのような大きさのショルダーホンが
出てきます。でも重さは3㎏もある。

現在のようにハンディタイプの無線電話が進出したのは
1987年です。やっと携帯電話と呼ばれるようになりました。
でも初期はまだ900gもあったそうです。

今では携帯はau、ドコモ、ソフトバンクの三社の争いが激化して
最新機種は日増しに進化しています。

2000年に携帯はカメラ付きが登場し、カメラ機能を利用した画像解析機能によりQRコードやJANコードが読み取れるようになる。

特にQRコードは大容量の文字データを格納させたことができるため爆発的に普及した。

また電源も2000年代はリチウムイオン電池が主流となっている。
この年、携帯は外部にメモリーカードのスロットを設け、外部メモリによる記憶も可能だ。

今では日本の携帯電話は通話以外の機能を持つ、世界でも唯一無二の性能と機能を備えており、日本において、さらに世界に向けて、
どのような発展を見せるかが注目されている。

若者文化としても定着し、 携帯は情報として
一日の余暇の大半をケータイ経由のメールやウェブアクセスに
費やす若者も少なくない。

携帯は機能として、電話、時計、インターネット、メール、電卓、カレンダー
スケジュール、ゲーム、画像、音楽、カメラ、テレビ電話、電子辞書
地図、ICカード、、、さまざまな機能を備えている。

全部使いこなすのは大変ですが、今では中高年も若者に負けずに
いろいろな機能を使いこなしている。

ここでは携帯電話の最新情報を乗せていこうと思う。 

最新情報、最新機種、最新売れ筋機種などを載せていきます。






PR


2030/12/11 15:00 | TrackBack(0) | 携帯電話の最新情報
ドコモ最新携帯機種
ドコモ最新携帯機種


NTTドコモは、HSDPA方式に対応したパナソニック
モバイルコミュニケーションズ製のFOMA端末
「P903iX HIGH-SPEED」を4月19日に発売します。 

「P903iX HIGH-SPEED」は、動画再生機能として、 WMV(WMV9、WMV8)形式をサポートし、インターネット上のWMA形式のコンテンツ(QVGA/30fps/512kbps)を再生できます。

 また、ストリーミング動画は容量制限なしで再生可能になってます。 著作権保護技術であるDRM対応コンテンツの再生はサポートされない。パソコンからmicroSDカードに転送したデータも再生できます。

 音楽サービス「ミュージックチャネル」をサポートして、 2番組まで設定可能になります。 楽曲はバックグラウンド再生も行なえるうえ、さらにSDオーディオの楽曲も最長約75時間まで再生できるんです。 Bluetoothに対応し、Bluetoothヘッドセットと組み合わせてワイヤレスで音楽を楽しむ事もできます。

端末はサブディスプレイとして、0.8インチ、96×25ドット、モノクロの有機ELも搭載する。 カメラ機能は、有効画素数約320万画素、記録画素数約320万画素のカメラを装備。microSDカードスロットが用意される。 GPS機能には対応しないそうです。

大きさは103×51×25mmで、重さは約126g。連続待受時間は約420時間(移動時)で、連続通話時間は180分。ボディカラーはクリムゾン、プラチナの2色。


2030/12/03 21:52 | Comments(0) | TrackBack(0) | 携帯電話の最新情報
携帯電話向け検索サービスの最新動向を販売開始

携帯電話向け検索サービスの最新動向を販売開始

携帯電話の最新情報

株式会社ナノプロ が、グーグル、ヤフーなど、公式サイトにキーワード検索を導入、

KDDI(au)と米Googleが2006年5月に、

日本で初めて米Googleの検索エンジンを採用し

auと米Googleの提携を皮切りに情報サービス競争が開始。

モバイルとパソコン向けコンテンツを統合した検索サービスの提

供に合意しました。

それに伴い、7月から「EZweb」のトップ画面に「Google」の

検索窓を設置しています。

NTTドコモも7月に「iMenu」を対象としたキーワード検索機能の

提供を開始すると発表し、すでに10月から合計13の検索サイト

と連携したみつけるサービスを開始させています。

一方、ソフトバンクモバイルも10月に新ポータル・サイト

「Yahoo!ケータイ」の提供を開始し、

情報検索サービスには「Yahoo!検索」を採用しています。

auとソフトバンクモバイルがそれぞれ米Googleとヤフーと密接な

連携を図るのに対し、

NTTドコモは2社を含む13社と連携することで対抗する構図です。

パソコン向け検索と同様にヤフーやグーグルが人気です。

これまでの携帯電話情報向け検索サービスといえば、携帯電話事業者

各社が提供するディレクトリ型の公式メニューをたどり、

事業者が認定した公式サイトを閲覧する形式が主流でした。

しかし、昨今の公式サイトにおける検索サービスの

導入に伴い、パソコンでのサイト閲覧と同様に検索窓へ

キーワードを入力し、公式/一般/パソコン向けサイトを

問わずに最適なサイトをみつけることも可能になっています。

そうした中、パソコン向け検索サービス大手のヤフーや

グーグルが携帯電話向けでも利用頻度の高い検索サービスといえます。

                   



2030/12/02 19:44 | Comments(0) | TrackBack(0) | 携帯電話の最新情報

| 携帯電話の最新情報HOME | 次のページ>>
忍者ブログ[PR]