忍者ブログ


[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



2017/08/18 23:14 |
モバイルでも支配事業者に規制を設けるべき
モバイルでも支配事業者に規制を設けるべき

総務省は4月6日「モバイルビジネス研究会」の第5回会合を開催した。

同会合でイー・モバイルの千本倖生代表取締役会長は

「固定通信のように,モバイルでも支配力の強い事業者に規制を設けるべき」
との強硬な意見を披露した。

その理由として
携帯電話の市場が硬直化している現状を挙げる。

「大手3社の体制に入った2000年以降,シェアの変動がほとんどなく競争が進んでいない。

固定電話は通話料が3分8円などと安くなっているにもかかわらず,

携帯電話は基本料や通話料がほとんど下がっていない」点を問題視した。 

さらに千本会長は,MVNOについても支配力の強い事業者に対して,

低廉な卸料金の設定と約款化を要求しています。

「NTTドコモの通話料金は3分45円。

試算では3分15円でMVNOに提供するのが適正ではないかと考えている」。

MVNOに提供する際の基本料は最低限の月額維持費用で回線数に関係ない固定額,通話料は秒課金,データ通信料は定額制を導入すべきとした。

このほか「iモードのアンバンドル化を考えるべき」と,コンテンツの分離・分割も要求した。 

新規参入事業者のイー・モバイル会長は、大胆にも問題点と意見を述べています。

第5回会合では,イー・モバイルのほかに,マイクロソフトやACCESSなど4社も

プレゼンテーションを実施した。 




携帯電話の最新情報

アイピーモバイルは2GHz帯を使った携帯電話事業への参入を取りやめることを明らかにしました。

アイピーモバイルは2005年11月にイー・モバイル(イー・アクセスの子会社)や

BBモバイル(ソフトバンク子会社)とともに総務省から周波数を割り当てられ,

携帯電話事業への参入を認められたベンチャー企業です。

3社のうち,イー・モバイルは3月31日にデータ通信による携帯サービスを開始した。

BBモバイルは,親会社であるソフトバンクの旧ボーダフォン買収によって周波数を返上しています。

アイピーモバイルは当時から資金面についての不安が関係者から指摘されており,

同社は事業の方向性について3月中には結論を出すとしていました。 

アイピーモバイルは「アイピーモバイルが携帯参入断念・総務省,周波数再割り当てへ」との

一部報道に対して事実と認め,

「本格的な携帯事業参入をするには資金が不足していた」と参入を断念する理由を説明した。


PR


2030/01/19 09:08 | Comments(0) | TrackBack(0) | モバイルでも支配事業者に規制を
携帯販売ランキング(3月26日~4月1日)
携帯販売ランキング(3月26日~4月1日)

携帯春商戦もそろそろ終盤ですね

携帯キャリア各社は2007年春モデルの投入を済ませ、
販売ランキングの動きも穏やかになりました。


ドコモ
 今回のトップ3は前回と変わらず、シャープ製の「SH903i」、富士通製の「FOMAらくらくホンIII」、ドコモ版のアクオスケータイ「SH903iTV」がランクインしました。

ランキングの上位に903iシリーズ、下位に703iシリーズがきれいに並んだ格好です。



例外はFOMAらくらくホンIII。同端末は2006年9月に発売されたが、いまだ広いユーザー層から支持を得ており、ランキング内で最も息の長いモデルとなっている。

なお、らくらくホンシリーズといえば“より使いやすく、

よりやさしい”がテーマの「らくらくホン ベーシック」

の発売も控えている。発売は4月予定としか告知されていないが、

母の日(2007年は5月13日)と父の日(同、6月17日)

需要を見込むため、遅くとも母の日前の週末までには発売されると思われる。

なお、2007年夏商戦向けモデルと思われる端末として、

新たに富士通製「F904i」やLG電子製の「L602i」という機種の存在が明らかになった。

変動が少ない中、1X端末の2機種が順位を上げる
 auの販売ランキングもドコモと同様にトップ3は変わらず、おなじみの顔ぶれが並ぶ。

 首位はソニー・エリクソン製の「W51S」。以下、カシオ計算機製の「W51CA」と京セラ製の「W44K」がランクインした。

 

au
夏モデルは、京セラ製の「W44K II」という型番の端末が

JATEの認定を受けた。去年の夏モデル発表は5月22日。
auもそろそろ、という感じでしょうか。

「705SH」連続首位獲得。シンプル・安価を望む傾向強く

 ソフトバンクモバイルの販売ランキングは、シャープ製の

「705SH」が首位に、以下、アクオスケータイ 2nd modelこと

「911SH」、東芝製の最強端末「911T」、PANTONEケータイこと

「812SH」と並んだ。

 2006年6月発売の705SHは前回、大きく販売数を伸ばして首位に返り咲いた。今回もその勢いが衰えず、連続首位を記録。911Tは再び911SHに抜かれ、3位となった。

 ソフトバンクモバイルの個人向け端末は、薄型+ワンセグのSamsung電子製「805SC」、707SC(今回5位)の豪華版「707SCスワロフスキー・クリスタル・バージョン」、CF型HSDPAデータ通信カード「C01SI」の投入を控えている。

 805SCは、ワンセグ/厚さ13.5ミリのスライドボディ/HSDPA/2Mピクセルカメラ+Bluetooth搭載で、2007年春予定としか仕様が公開されていないが、もう季節は春。そろそろ発売発表があると期待したい。また、すでに忘れてしまっていたが、2006年9月発表のCF型HSDPAデータ通信カード(セイコーインスツル製)は……どうなってしまったのだろう。また、“予想外”のことを計画しているのだろうか。

ソフトバンク
次のモデルは「912SH」(シャープ製)という端末の存在が明らかになった。

これらは9xxの型番ルールから高機能端末と短絡的に予想できるが、どのような仕様で登場するだろうか。






2030/01/18 09:05 | Comments(0) | TrackBack(0) | 販売ランキング
KDDIは今月中旬から、米国で携帯電話事業に本格的に参入
KDDIは今月中旬から、米国で携帯電話事業に本格的に参入


当面は米国在住の日本人をターゲットとするそうです

米国で一般的な長期契約の後払いプランを今月中旬から提供し、本格展開を始める予定だそうです。

旅行者などを対象としたプリペイド(料金前払い)型のサービスは、すでに3月中旬から始めている。 

日米で通信方式が異なるため、日本のauブランドは使わないそうだ。

携帯電話機もau向け端末でなく、

スプリントが使っている三洋電機製や韓国LG製の端末を使うらしい。

6月に日本語の入力や表示ができる端末を投入する計画だ。 

日本人向けの着メロやゲーム、若者に人気のソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)などの

コンテンツも順次提供する計画で、日本のSNSも使えるようにする方向で検討しているみたいです。

日本向けの格安な国際通話ができるプランも提供する。 

在米アジア人を中心に順次顧客を広げ、将来は米国にも、日本の「ケータイ文化」を根付かせることを狙う。 

日本の携帯電話産業は高い技術を持ちながら、

通信方式が欧米と異なることなどから海外での普及が進んでいない。

日本の携帯電話機メーカーの販路も国内偏重だ。

KDDIの米国参入は、日本の携帯産業が、海外に進出する突破口になる可能性がある。 

いよいよ、日本の携帯電話も国際化してきました。

2030/01/17 09:12 | Comments(0) | TrackBack(0) | KDDIは米国で携帯電話事業に参入

<<前のページ | 携帯電話の最新情報HOME | 次のページ>>
忍者ブログ[PR]