忍者ブログ


[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。





2017/09/24 21:00 |
auの販売ランキング


auの販売ランキング

1 W51S
2 W51CA
3 W44K
4 A5523T
5 A1406PT
6 W51T
7 W51SH
8 W51SA
9 W52T
10 W44S



             au携帯



auの販売ランキングもドコモと同様にトップ6まで前回と同じ結果とななりました。

首位はソニー・エリクソン製の「W51S」。以下、カシオ計算機製の「W51CA」と京セラ製の「W44K」、東芝製の「A5523T」とPantech & Curitel製の「A1406PT」がランクイン。前回順位を上げた1X端末の2機種も同様の人気です。

一方、下位の6位から10位はすべてワンセグ搭載端末が入った。今回のランキングには計6機種のワンセグ端末がランクインしたが、上位5位以内にあるのはW51CAのみとなっている。

やはり、基本はシンプル・ベーシックなどを特徴とする、
ターゲットユーザーを幅広く設定できる機種が上位に来ます。

例えば家族向けにという層なら、家族割などのプランが適用できるため家族全員で同一キャリアでそろえようと考える。
できれば、家族全員でまとまれば、料金も分け合え
お母さんは子供にあまっている通話料金をあげられます。

このまとめて移る可能性も高い家族用途は、番号ポータビリティで契約者増が図れる効率的なパターンの1つ。
そう考えると“商戦期の狭間”であっても携帯キャリアにとっては気は抜けない時期なのです。

 

 

PR




2007/04/14 21:15 | Comments(0) | TrackBack(0) | その他

トラックバック

トラックバックURL:

コメント

コメントを投稿する






Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 (絵文字)



<<ウィルコム副社長が「不都合な真実」を明かした。 | 携帯電話の最新情報HOME | 「けーたいRoutevi」のサービス提供を開始。>>
忍者ブログ[PR]